カテゴリ:2010英国旅行( 6 )

英国旅行/ ウィンザー城

観光最終日はウィンザーへ。この日もぐずついたお天気。

ウィンザー城の予備知識もなく訪れましたが、圧巻でした。
女王陛下はお留守。
d0159120_8471796.jpg


こちらの広く整えられたお庭で、女王は犬とお散歩もされるという
お話でした。
城内の写真撮影は不可でしたが、それでも記念写真を撮ってる人がいて、
フラッシュに気づいた警備員が大変な剣幕で駆けつける一幕も
ありました。

大英博物館もシェークスピアの教会もカメラOKでしたけど、
どちらが寛容かではなく、どちらも規則なのです。

池田潔の「自由と規律」 教科書で大切なことを学びましたよね。
そしたら息子が「いや、それは教科書に載ってなかったよ」
え?今は載ってないの?いつから? (年がバレる。)
d0159120_847327.jpg

お城の周辺はお店がいっぱい。
城下町?という感じ。眺めて歩いて飽きません。
d0159120_8474241.jpg

ランチはこちらの2階で、フィッシュ&チップスを頂きました。
ポテトフライがこれでもかとお皿を埋め尽くして食べきれない。
魚のフライも、デ~ンと大きくて食べきれない。(デカ過ぎる・・)
イギリスに来て、キレイに完食出来た食事が一度もなくて、
申し訳なく思うんですけど、匂いさえ胃に堪えてしまって、
デザートも食べられなくなってしまって、どうしたんでしょうねー。
d0159120_8475414.jpg

可愛いレストランでスコーンを見かけて2つ買い求めました。
スコーンだけは食べられそう。
d0159120_848787.jpg

ホテルに持ち帰った画像です。
d0159120_8482211.jpg


ロイヤルクレッセント
d0159120_8483522.jpg


その後、バースのローマ浴場跡を見学しましたが、
散策するにも寒くなってしまって、
バース横のチョコレート屋さんでお茶をすることに。
初めてのクリームティー。5ポンド弱でした。
ここのスコーンが美味しかった。
町のスコーンの美味しさを覚えて帰って来られたわ。
d0159120_8543839.jpg


バスの車窓から何度も何度も眺めた光景。
羊の数をとっさに数えたりした(笑)

イギリスの田舎は、ほんとに美しい。
目の奥に、しっかり焼き付いてくれました。
私は東京の隅っこで、これから何度も懐かしく思い出すんだろうと思う。
d0159120_962874.jpg

by things-to-do | 2010-10-05 10:46 | 2010英国旅行

英国旅行/ ロンドン

4日目。ロンドン。降ったり止んだりのお天気。
車窓から、ハロッズ。
d0159120_13294170.jpg

車窓から、ビックベン。
d0159120_13295055.jpg

大英博物館を見学。
d0159120_13301969.jpg

画像にはありませんが、バッキンガム宮殿、ケンジントン宮殿にも
足を運びました。


フリータイムの一日でしたから、添乗員さんからアドバイス。
「ロンドンで一番美味しいのは、中華料理とインド料理です」
あれっ?ちょっと変だけど?・・でも、納得です。(^^ゞ
しかし、中華は夫が苦手で、インド料理は私も自信がない。
イギリス料理は選択肢にないので、お昼はレストラン三越の和食にしました。
数日ぶりの天ぷらにお刺身。生き返ったように美味しかった。

買い物三昧の一日になってしまったんですけど、
一番行きたかったのがスーパー。
ドライブインには必ず入ってたウェイトローズが、宿泊先のホテルからは遠くて、
マークス&スペンサーに寄って、TESCOに寄って、
やっと、お目当ての小麦粉が買えました。(^^)v
d0159120_13302825.jpg


それがこちら。
セルフ・レイジング・フラワー。
薄力粉にBPがすでに混ぜ込んであるので便利、という粉ですけど、
この粉でスコーンを作って見たかったの。
日本の粉にBPを混ぜたものと同じ食感や味に仕上がるのか、
試して見たかった。
d0159120_1330361.jpg

ついでに、カスターシュガーも、デメララシュガーも買って来ました♪
幾つもたくさん買って来たかったけど、粉も砂糖も重たいのでねぇ。
d0159120_13304413.jpg

カスターシュガーをちょっぴり使って、いつものパン焼き。
ワイルドストロベリィーの盛皿は、前日のウェッジウッドのアウトレットで
購入したものです。
d0159120_13305211.jpg

この盛皿、日本円にして2900円ぐらいでした。
安かったでしょう?
by things-to-do | 2010-10-03 14:58 | 2010英国旅行
三日目は待望のストーク・オン・トレントへ。
ストーク・オン・トレントと云えばウェッジウッド。
どちらも長い間憧れて来た名称です。
今年も名窯の工場を訪ねることが出来て嬉しい。
d0159120_11292286.jpg


ウェッジウッド・ビジターセンター。
ジョサイア・ウェッジウッドの像の右手がレストラン。
奥が展示室、左手にショップがあるんですよ。
こちらのレストランでの昼食のメインが魚だったので少し助かりました。
ジャガイモと温野菜の付け合わせは不動のものですが、
味付けが少しフレンチっぽくて、(少しだけね)
早くもイギリス料理に疲弊し始めた私の胃には新鮮でした。
夫の胃薬を服用するほど胃がもたれてしまって・・
地味なのに、何という破壊力だっ、イギリス料理よ。(ToT)
d0159120_11293095.jpg


その後、コッツウォルズ地方へ。
はちみつ色のライムストーンで造られた家並み。
d0159120_11293956.jpg


ボートン・オン・ザ・ウォーター
「コッツウォルズのベニス」と呼ばれるそうですけど。
ピンクや赤い色の服が映えます。
d0159120_11294842.jpg

ウェッジウッドでも食器を買い込んで重たいのに、
ここでも、二段スタンドを買ってしまって、私達だけが大荷物で。
帰りの飛行機の、手荷物の重量制限が早くも気になる。
d0159120_11295620.jpg


d0159120_1130385.jpg


バイブリーの家並み
小さなドアは、ここでも「昔の人は身体が小さかったので」と説明を受ける。
そんなに小さかったの~?

今は、どんな人たちが住んでいるのでしょうね。
小さなドアをくぐったら、どんなお部屋作りがされているのでしょう?
おウチの中もちょっと見せて頂きたいなぁ、
なんて、思いました。
d0159120_11301068.jpg

ここでの暮らしを精いっぱい想像して。
d0159120_11301781.jpg

by things-to-do | 2010-10-01 13:13 | 2010英国旅行 | Comments(10)

英国旅行/ 湖水地方

二日目。 ツアーでご一緒した皆さんの多くは、
この湖水地方での観光を楽しみにしていらしたようです。

ウィンダミア湖遊覧
d0159120_13113850.jpg

何とかこの日も雨に降られず。
d0159120_13115279.jpg

この後、蒸気機関車にも乗りましたが、
蒸気機関車に関心のない夫婦なので画像はなしです。(^^ゞ

昼食に立ち寄ったレストラン。
壁に飾られたお皿は可愛い。
d0159120_1312278.jpg

この日の昼食。ここではブロッコリーが出て来ましたけど。
じゃが芋、肉、ミックスベジタブル。
イギリス料理はこの三つで構成されている、と
僅か数日間の滞在ではありますけど、
確信いたしました・・
三食、じゃが芋は姿を変えてかかさず登場しました。
パンのようなものはヨークシャープディング。
シュークリームの皮のような感じ。
d0159120_13121044.jpg

「ここのレストランの食事が一番美味しかった」と夫。
そうね・・この食事が一番美味しかった・・かもしれないです・・^_^;


ピーターラビットの作者、ビアトリクス・ポターの家へ。
ヒル・トップ農場。
d0159120_1312189.jpg


ポターの家。
日本の民家のような佇まい。
古い家の中も質素でした。
d0159120_13122555.jpg


d0159120_13123454.jpg

ワーズワースの住まい、ダブ・コテージ。
d0159120_13124263.jpg


もう4時半を回っていたんですけど、
グラスミア湖のウォーキングコースを歩きました。
このウォーキングのために、意気込んで靴も買って、
スーツケースに仕舞いこんで来たんですよ。
d0159120_13125636.jpg

犬を散歩させている人も。
d0159120_13131166.jpg

自生しているブラックベリーも採って食べました。
ガイドさんに手渡されて、夫はしぶしぶ口にいれていましたけど(笑)
d0159120_13131886.jpg

ただただきれい。頭の中が空っぽになる瞬間。
d0159120_13132425.jpg

by things-to-do | 2010-09-30 14:48 | 2010英国旅行
ツアーの初日は、ストラットフォード・アポン・エイボンの市内観光でした。
添乗員さんのお話だと、
「シェイクスピアで食べている町です。
これからもずっとシェイクスピアで食べていくでしょう。」
ということでしたが、
確かにシェイクスピアを旗印にした観光の町なのでしょうが、
こんなに可愛らしい町を見たことがありません。
「おとぎの町」という感じ。
息子も連れて来て、一週間でも二週間でも滞在したい、
そう思わせる素敵な町でした。

これはバスの車窓から夫が写したもの。
d0159120_15405629.jpg

シェイクスピアの妻、アン・ハサウェイの家を訪ねました。
ガイドブックを見た時には、
「どうしてシェイクスピアの妻の家が名所なの?」と
思ったんですけど、家の中も16世紀当時のまま保存されていて
歴史的な価値があるのですね。
d0159120_15412247.jpg

印象的だったのは、小さなベット。
昔の人は身体が小さかったので、という解説を聞いても
それでもやはり小さ過ぎる。
ろうそくの火災を恐れて、身体を伸ばして寝る習慣は無かったそうです。
ベットの背もたれに半身は寄り掛かって寝たんですって。
腰が悪くなりそうね。
19世紀末まで、ハサウェイ家の人たちが住んでいたそうですよ。
d0159120_154130100.jpg

ホリー・トリニティ教会。
シェイクスピアが洗礼を受け、埋葬もされている教会です。
無名の多くの人のお墓もありましたが、
シェイクスピア一族を祭った教会という印象が強かったですけど。
d0159120_15414188.jpg

       -
d0159120_15415447.jpg

    -
d0159120_1542934.jpg

シェイクスピアの生家も訪ねたんですけど、
町中にあって、人が大勢通るものですから、
申し訳なくて写真が撮れなかったんです・・

d0159120_15425896.jpg

町中にある可愛い雑貨屋さん❤
今、カップケーキのこのタイプが流行りですね。(*^_^*)
デコレーションが愛らしい。
こちらのお店では、マフィンの型や、ナイロンの粉振るい、
ケーキ用敷き紙など買いました。成形済みの便利そうな紙なので
使うのが楽しみ。色んなサイズがあったけど、
どれもこれも、初日から嵩張る買い物してしまって・・ (^^ゞ
あーでも、ジャムやパン用ミックス粉も買って来たかった。
夫が隣でハラハラしてるので、つい遠慮しちゃって・・
買い物の足を引っ張られるねぇ。(笑)
d0159120_154392.jpg

チョコレートショップ。お土産用にチョコレートは買いました。
アイスクリームも美味しそうだったけど、
この後ランチだったので、アイスはぐっと我慢。
d0159120_15433564.jpg

お洒落なカフェも多くて、クリームティーに立ち寄りたかったけど、
ツアーって、好きなものを好きな時に、は食べられませんね・・
by things-to-do | 2010-09-27 17:16 | 2010英国旅行

たらいまぁ~。

      帰国の朝の気温は、3度。

      ちょっと、寒かった。

      
      17度前後のほどほどに涼しい気温の日が多くて、

      セーターばかり10枚近くキャリーケースに

      詰めて出掛けたことを後悔。
   

d0159120_2083941.jpg


     英国の田舎の人々は、シャイで親切でしたよ。

      旅行のこと、明日から記事にしようと思います。
      
d0159120_209395.jpg


      スキンの夕顔も、そろそろ変えようと思います (^^ゞ
by things-to-do | 2010-09-26 20:49 | 2010英国旅行

大好きな食器の記録を中心に・・


by things-to-do
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30