リンドベリが描いたピィンタのティーカップ&ソーサー
1962年~65年のもの。
薔薇の花が描かれた食器は、数知れず見て来たけれど、
北欧のリンドベリがデザインするとこうなる?
d0159120_1055790.jpg

描かれているのは薔薇のつぼみですが、ずっしり重そうで、
咲き開くことを自ら心待ちにしているみたい。
一斉にダンスを始めそうな勢いがありますね。
d0159120_10552396.jpg

リンドベリの代表作のベルサと並べて見る。
あれ?ベルサの葉っぱとピィンタの葉っぱは同じだーって
最近、気がついた次第です・・
d0159120_10553915.jpg

# by things-to-do | 2010-06-07 11:32 | 食器

文鳥

我が家の文鳥です。ふふ。手乗りです。
8年前の私の誕生日、長男と二男がペットショップで
買って来てくれました。
連れ帰っては来たものの、まだ自力で餌も摂れないヒナだったので
3時間置きの餌やりが開始。ナイーブな子で、環境が変わったショックから
口ばしを閉じて頑なに餌を受け付けずオロオロしましたけど。

今、隅っこにいるのは、カメラをちょっと警戒して。
d0159120_16584713.jpg

文鳥って賢いです。小さな身体の中に、小さなヒトが隠れているみたいに。
ヒナの頃、二度死にかけて動物病院へ。そのときからヒナの羽毛がそのまま
残り、成鳥の羽に変われないまま・・。だけど、長生きしてるものね。

お、ピーちゃん、横っ跳びか。
d0159120_1659351.jpg

家族の愛情を一身に受けていますが、二男が一番可愛がっているかな。
二男C君、ピーちゃんの画像で釣ったところで、
たまには帰って来いっ。 と母は一吠えしておく。 よし。
d0159120_16591881.jpg

ピーちゃん、お疲れー。
# by things-to-do | 2010-06-05 17:29 | 日々のこと
これは、何色という、赤ですか・・
拒むのではなく・・引き寄せる赤。
d0159120_154269.jpg

バラの実の柄のフレーバーティーカップですけど、
コーヒー党なので、これでコーヒーも飲んじゃう。まぁいいですよね。
d0159120_1544281.jpg


いつものパンを焼いて、ガナッシュを作って、塗って、その上から
ミックスカラースプレイも。チョコ好き息子のリクエスト。
ミックスカラースプレイっておいしい?
「おいしい!」と即答。ウチの男子たち、かなりのチョコ好きです。
カップ&ソーサーと同じ大倉陶園のタルト皿に。
d0159120_1545857.jpg

# by things-to-do | 2010-06-04 15:33 | 食器
オイバ・トイッカ デザインの26センチのプレート
2010年の今年復刻されたものですね。
アンティークの小さなコースターを乗せて写しています。
d0159120_18593971.jpg

ウチでは、今のところ、こんな感じで使ってます。
シーザーサラダにフルーツののっけ盛り。最近、サラダと言えばこればっかりで。
フルーツの下にサラダが埋もれてしまっていますけどね、(汗
夫が、今夜は夕飯要らないとメールを寄越したので、息子と二人、楽チンご飯です。
d0159120_18595669.jpg

昨日焼いた清見オレンジのケーキですが、生地が硬くて。
別のレシピを探して見よう。
d0159120_1901551.jpg

トレイは、イギリス製ハマースレイ
# by things-to-do | 2010-06-03 19:24 | 食器
カステヘルミのアンティーク、耐熱ガラスのカップ&ソーサー
1960年代に発売され、大人気を博したシリーズです。
露のしずくをイメージしたドット模様のようですが、
キラキラ眩しくて宝石のようにみとれてしまう。
もし、もしも、カップ&ソーサーも復刻されることがあるなら、
もう一回り大きい方が。
d0159120_12533825.jpg


こちらも同じくフィンランドの別会社のデザートプレートです。
カステヘルミ同様1960年~70年代に人気を博した、
Grapponiaというシリーズです。社名もデザイナー名も
メモはあるのですが、確認が取れないので表示せずにおきますね。
d0159120_1253546.jpg

カメラを構えた影も特別参加デス・・ウヒャァ
# by things-to-do | 2010-06-01 13:48 | 食器

大好きな食器の記録を中心に・・


by things-to-do
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30