昨日は一日雨の予報だったので、洗濯物は浴室に干して外出。
少しも降られなくて空を見上げては何だかウラメシイ~。
ご近所のお友達とランチに出掛けた先は新百合ヶ丘です。
「私の行きつけのお店で良い?」と連れて行かれたのは、「夢◎ん」
え?まぎれもないファ◎レスじゃありませんか!
d0159120_9384774.jpg

でも800円でちゃんと美味しかったんですよ。
夫と新百合ヶ丘に来ることがあれば、ココで良いかもー。(笑
食事の後は、工事中のバスロータリーの前のコーヒー店に入りましたが、
工事の音が店内まで響き、つい大声に。レアチーズケーキは美味しかったけど。
友達の話は「左腕が上がらないの。50肩かしら?」に始まり、
ご主人との北海道旅行、二男さんの就活の話。たくさん笑わせて貰いました。
d0159120_939266.jpg

こちらのロイヤルドルトンの貴婦人のお人形。
優雅だけどアンニュイで。作られたのは30年ぐらい前のようですけど、
貴婦人方の時代背景はいつ頃の設定でしょう。
d0159120_9391473.jpg

私たちのアフタヌーンティはアンニュイじゃなかったです。
格安のお店で、大笑いの連続で。
# by things-to-do | 2010-06-17 10:11 | 日々のこと
フィンランドはトーベ・ヤンソンの作品
1995年から2001年まで製造されていました。
すでに廃番品でしたが、未使用のものを購入。
d0159120_7285055.jpg

今のムーミンも良いけど、ご本家が描いたムーミン一家には味がありますね。
TVセットという組み合わせが長年定着していることが面白い。
ただ、大人ばかりの我が家なので、また箱に戻して置くけど。
d0159120_7291246.jpg

こちらは昨年ストックホルムからヘルシンキに向かう、
タリンクシリア号の中で購入したエコバック。
歩いて数分のスーパーに行く時だけ持参してるけど、買い物が楽しくなるの。
二つ買って、一つは義妹に送ってあげたけど、使ってくれているかなぁ?
d0159120_7292883.jpg

昨日作ったシナモンロール。アイシングの練習に。
アイシングの濃度と、掛け方。今回はアイシングがゆるかった。
余ったアイシングがもったいなくて更に上乗せしちゃって、そこも反省中です。
d0159120_729449.jpg

# by things-to-do | 2010-06-15 08:05 | 食器
1737年設立。フランスではセーブル窯と競い合う名高く歴史ある窯。
こちらは、ルイ15世のために製作された豪華セットの復刻版で、
そのごくごく一部でありますけど。
ほんとはね、ティーポットとシュガーとクリーマーが可愛いんですよ。
d0159120_11125335.jpg

コーヒー好きなので、ついコーヒーカップ&ソーサーを取り寄せてしまったけど、
ティーカップの方が形が可愛かった。
一人ならティーカップでコーヒー飲んでも構わなかったのに・・
d0159120_1113846.jpg

一時期、私は藤野さんのファンでした。藤野さんが著書の中で、
紀ノ国屋の生ラーメンが美味しいと書かれていれば国立まで買いに行きましたし(笑
ピーナツオイルも取り寄せましたし、大丸東京にボワシエのカフェがオープンすれば
キャラメルティを買い求めました。家事や子育てで目の回るような生活の中に
憧れの人と同じ紅茶やオイルを取り入れて、それは貴重な楽しい思い出としか
今でも言いようがない。
このロワイヤル・リモージュのカップ&ソーサーも、藤野さんの
お気に入りとして紹介されていたもの。
d0159120_11132548.jpg

ただ、私の趣味かと言うとちょっと違うかも。でもファンでしたからね♪
藤野さんのお菓子作りへの情熱はずっと尊敬していますよ。
藤野さんレシピのレモンタルトをまだ作ってないな。縁飾りを作るタルトピンを
まずは買わなくちゃ(笑
# by things-to-do | 2010-06-14 12:17 | 食器
フィッギオ社の女性デザイナー、チュリ・グラムスタッド・オリヴァーの作品。
直径は26センチ、高さのある底の部分には壁掛け用の穴もあります。

「あなた、お行儀が悪いざますわ。」
「お父様、食べてすぐ横になると牛になってしまいますわ。」・・古い?
などと、貴婦人方がたしなめている伏し目がちの視線の先には

d0159120_18304472.jpg



どこ吹く風の、ごろんとくつろぐ殿方の姿。
d0159120_18305880.jpg




Turiによる有名なLotteシリーズのこちらのオムレツパンにも
横になってお茶する少女の姿が描かれています。
ロッテシリーズは、60年代には日本でも販売されていた、という記事も
見かけましたが、なんとなく懐かしいのはそのせい?
d0159120_18311583.jpg




我が家のキッチン。ムジのキッチンバサミの隣が少女の定位置。
日々繰り返す炊事の合間に、くつろぐ少女に癒される。
d0159120_18313269.jpg


「毎日、気を張ってばかりじゃだめよ、果報は寝て待てって言うものね。」
またまた古いなぁ。
# by things-to-do | 2010-06-09 19:07 | 食器
リンドベリが描いたピィンタのティーカップ&ソーサー
1962年~65年のもの。
薔薇の花が描かれた食器は、数知れず見て来たけれど、
北欧のリンドベリがデザインするとこうなる?
d0159120_1055790.jpg

描かれているのは薔薇のつぼみですが、ずっしり重そうで、
咲き開くことを自ら心待ちにしているみたい。
一斉にダンスを始めそうな勢いがありますね。
d0159120_10552396.jpg

リンドベリの代表作のベルサと並べて見る。
あれ?ベルサの葉っぱとピィンタの葉っぱは同じだーって
最近、気がついた次第です・・
d0159120_10553915.jpg

# by things-to-do | 2010-06-07 11:32 | 食器

大好きな食器の記録を中心に・・


by things-to-do
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31